目で見て、舌で味わい、心で楽しむ。そんなお食事を意識

Food

食事で得られるものは栄養だけではありません。目で見て、舌で味わい、心で楽しむ。
こういった一連の動きは、高齢の方にとって「脳への刺激」の手助けとなり、健康維持へも繋がります。

旬の食材を使用したり、季節のイベント用に特別食をご用意することも重視しています。食事内容から季節のうつろいや年月の経過を感じていただくためです。
夏野菜は身体を冷まし、冬の食材は身体を温める。そういった食材が持つ自然の効能も考慮し、管理栄養士がレシピを考案いたします。心で感じて、食べて喜ぶ。そんなお食事をご提供いたします。

 

イベントを迎える楽しみが増す「特別食」

入居者様の楽しみの一つである「特別食」の一部をご紹介いたします。どれも入居者様から大人気のものです。

誕生日食お寿司バイキング

  • お誕生日食
    お誕生日には特別なお食事をご用意いたします。お寿司やお刺身など、お好きなメニューをお選びください。また、お誕生日ケーキもデザートとしてご提供いたします。
  • 丼ぶり物の日
    週に一度実施。天丼、カツ丼、うな丼など人気のあるメニューばかりです。
  • 食事イベント

    マグロの解体ショー、目の前で揚げる天ぷらの実演、お寿司バイキング、デザートバイキング

    食べ物の形状も入居者様の症状に応じてご提供

個人差はありますが、ご高齢になると、咀嚼(ものを噛むこと)や嚥下(ものを飲み込むこと)の問題が出てくるものです。当施設では、管理栄養士が栄養のバランスを考えて用意したメニューを、調理師が入居者様それぞれの症状に合わせた調理をします。

常食を基本とし、一口大・きざみ・極きざみ・ソフト食・ミキサー食と5段階に分けた調理方法でご提供します。また、味のお好みに関してもご要望をお聞きし、お好みに調整いたします。

 

 

「旬」を意識したこだわりの食材

お米やお肉、お野菜など、一つ一つこだわり抜いた食材を選んで調理いたします。

きんめまいお米に関しては、独自の技術で精米した「金芽米®︎」を使用。「金芽」と「亜糊粉層(あんこふそう)」を残した精米技術で、玄米の栄養成分はそのままに、白米のような美味しさが味わえます。同じ田んぼで収穫したお米でも、金芽米に精米すると、同じお米の白米に比べて、おいしさがアップすると科学的に証明されています。

 

お野菜に関しては、契約農家からの産地直送「SEND」というシステムを利用しています。旬のお野菜が新鮮な状態で食べられることが魅力です。

お肉やお魚も良い素材を厳選しており、特に豚に関しては、松村牧場の「香り豚」を採用しています。

施設のことから介護の相談まで、
なんでもお気軽にお問い合せください。