『色々取り組んでます』

   

こんにちは♪ ファミニューすみだ文花です。

 

今回は、あるご入居者様についてご紹介させていただきます。

 

90歳のS様です。

 

コロナウィルスの流行のため、ご家族様との面会も減ってしまい、

以前のようにお話しされることが減り、

『よくわからない』という言葉が増えてきたり、ボーっとしているご様子が増えてきてました。

 

そんなS様に去年の4月頃からある取り組みを始めました。

 

『コップ1杯から水分を取る量を増やそう!』

『お食事の際には、車いすから普通のいすに座ってもらおう!』

 

特別なことではないけれど ・・・ 開始したころの率直な感想でした。

 

 

始めは、いすに座っているのも大変そうでしたが、段々と長い時間座っていられるようになりました。

 

他の方より、ゆっくり召し上がられ、時々手が止まってしまう事がありましたが、それも段々と減っていき、食べるペースも早くなってきました。

 

夏頃、歯の調子が悪くなり、一時体重の減少がありました。歯科の治療も並行されました。

 

S様の持病の関係から、食事のカロリーを増やすことはしていません。

お食事は、以前からほとんど全部食べていらして、それも変わっていません。

 

しかし・・・

 

減った体重が増えたり、いすに座って食べている姿勢も良くなっています。

ボーっと手が止まったりすることが減って、何よりお話しして下さることが増えました。

 

 

この取り組みは、『自立支援ケア』といいます。

介護の世界では、徐々に聞かれるようになってきました。

これから少しずつお伝えしていきたいと思っています。

 

ファミニューすみだ文花

数多くのご相談から
導き出された「より良い生活」
ご提案いたします。

介護に関して、何でもお尋ねください
ご質問・ご相談
まずは資料のご請求からどうぞ
資料請求・見学
お問い合わせ