🍴R6.1月旬彩ランチ「みんな大好き❣お寿司ランチ🍣♬」🍴

   

みなさん、こんにちは!

暖冬傾向で穏やかな日々がつづいておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

今回は、今年最初の行事食をお届けしました❣

 

<1月旬彩ランチ お品書き>

・握り寿司

・ミニ京うどん

・辛子和え

・ごま豆腐

・フルーツポンチ

 

今回の握りは、マグロ、サーモン、鯛、ブリ、海老をご用意させて頂きました🍣

 

握り寿司に関しては、毎年ご紹介していますが、江戸時代のファストフード、立ち食い蕎麦ならぬ、立ち食い寿司!?

そんな気軽な食事だったという話。何度聞いても驚きです😲

 

じゃあ、一体いつから高級になったのだろう?🙄と思い調べてみました。

江戸後期に大阪から深川に進出してきた堺屋松五郎が「砂子鮨(いさごずし)」通称「松ずし」が高級感溢れる寿司屋を創業、そこから寿司の二極化が始まったようですが、昭和初期から衛生上の理由で屋台寿司が廃止になり、高級なお店だけが残ったことが、寿司=高級になったのかもしれません。

ですが、昭和33年に史上初の回転寿司の登場や、昭和40年代には持ち帰り寿司の復活で、寿司はまた気軽な食べ物になったようです😊🍣

 

回転寿司なんて・・と言われていた時代もありましたが、あれが本来の姿だったようですね。

当時の回転寿司も美味しかったですが、今はさらに美味しいですよね❣

 

江戸前握り寿司の創始者だろうと言われている華屋与兵衛の名前は知っていましたが、堺屋松五郎もまた創始者の一人と言われているようで、今こうして美味しいお寿司を食べることが出来るのは、こうした職人さんたちの努力なのかもしれません😄♫

 

これからも美味しい食事で、心も体も元気になって貰えれば嬉しいです。 

今後も旬彩ランチをご期待ください😄✨

 

栄養士

数多くのご相談から
導き出された「より良い生活」
ご提案いたします。

介護に関して、何でもお尋ねください
ご質問・ご相談
まずは資料のご請求からどうぞ
資料請求・見学
お問い合わせ