介護付有料老人ホームとその他サービスの違い

Service Comparison

介護付有料老人ホームとは

介護付き有料老人ホームイメージ介護付き有料老人ホームとは、食事、洗濯、清掃等の生活支援、排せつや入浴等の身体介護、機能訓練、レクリエーション、サークル活動などのサービスが受けられ、介護保険制度上の「特定施設入居者生活介護」の指定を都道府県から受けている高齢者施設です。

※その指定を受けていることで「介護付」と表示することができます。

 

MCSの介護付有料老人ホーム「アンサンブル」「ファミニュー」は、専門の常駐スタッフが生活の全てを、個々のご入居者様に合わせて提供しますので、ご入居者様もご家族も安心して全てをお任せいただけます。

 

ご入居の皆様を第一と考え、「安心」と「安らぎ」を感じて頂けるよう、心のこもったサービスと快適な生活空間をご提供する事を心がけています。

さらにご入居の皆様が日々の生き甲斐を見いだし、自信を持ち続けて頂けるよう、お一人おひとりの生活スタイルをケアプランに反映させ、サポートいたします。

 

介護・看護のプロとして実践で培ってきた技術と「笑顔のケア」でご入居の皆様ご家族の皆様に、ご満足いただける介護を提供いたします。

 

 

その他の民間サービス

住宅型有料老人ホームとは

生活支援サービス(食事、洗濯、清掃等)が付いた高齢者施設で、スタッフが介護サービスを提供することはありません。

入居者が要介護となった場合は、訪問介護などの在宅サービス事業所と契約し、介護サービスを受けながら住宅型有料老人ホームで生活をします。

 

健康型有料老人ホームとは

家事サポートや食事等のサービスが付いた高齢者施設です。

自立した状態の高齢者が対象で、温泉やスポーツジムなど、元気な状態をなるべく維持することを目的とした設備が充実しているところが多いです。

入居者が要介護となった場合は、契約を解除し退去することになります。

 

グループホームとは

グループホームイメージ

グループホームとは認知症を患っている方が、家庭的な雰囲気の中で少人数で共同生活を送る事により認知症の症状の進行を緩和させ、よりよい日常生活を送る事ができるように支援する介護サービスです。

 

MCSのグループホーム「愛の家」は、認知症を患っている方が5~9人の少人数でグループを作り、家庭的な環境の中で集団生活をするグループホームです。ご入居者様それぞれが状況に応じて家事などを分担し共同生活を行います。元気な方であれば食事や掃除もヘルパーと一緒に行います。

 

自分でできる事は自分で、協力してできる事はグループ内で協力して共同生活を送ることで、残された心身的な能力を十分に活かし、共同生活の楽しさや生き甲斐を見いだしていただく目的もあります。また分担して生活を行う事で、認知症の進行を遅らせる目的もあります。

 

グループホーム「愛の家」について詳細はこちら

 

 

介護付有料老人ホームとその他のサービスの比較

 

ご紹介した施設にはそれぞれ特徴があります。ご入居者様やご家族の希望に合わせてお選びください。

 

  介護付き有料老人ホーム その他のサービス
充実の施設と行き届いたサービス
要支援1以上
自立状態 ×

はじめての方へ

介護付有料老人ホームとその他サービスの違い

介護付有料老人ホームとその他サービスの違い

施設のことから介護の相談まで、
なんでもお気軽にお問い合せください。