グループホームと介護付有料老人ホームの違い
  1. ホーム
  2. グループホームと介護付有料老人ホームの違い

グループホームと介護付有料老人ホームの違い

MCSの施設いろいろ

老人ホームやグループホームと認知症患者をサポートする施設は、全国に様々な種類で立ち上がっています。

MCSでも社会に立ちたいという思いと、地域に恩返しをしたいという地域の方の思いを受け、介護施設の運営を開始致しました。

認知症のケアは専門性が高く、また通常の介護の何倍も負担がかかるケースが多々あります。
MCSでは認知症を患っている方と、そのご家族のご負担の軽減をして、より良い生活を送って頂く為のサービスのご提供を行っております。
また認知症を患っている方がより良い生活を送る為のお手伝いを目的とし、様々な施設を運営させて頂いております。

ここではMCSが運営する二つの形をご紹介し、認知症患者の方やそのご家族の方の選択のお手伝いをさせて頂きます。

MCSの施設いろいろ

グループホームって??

グループホームとは認知症を患っている方が、家庭的な雰囲気の中で少人数で共同生活を送る事により認知症の症状の進行を緩和させ、よりよい日常生活を送る事ができるように支援する介護サービスです。

MCSのグループホーム「愛の家」は、認知症を患っている方が、5~9人の少人数でグループを作り家庭的な環境の中で集団生活をするグループホームです。

ご入居者様それぞれが状況に応じて家事などを分担し共同生活を行います。
元気な方であれば食事や掃除もヘルパーと一緒に行います。

自分でできる事は自分で、協力してできる事はグループ内で協力して共同生活を行っていく事で、残された心身的な能力を十分に活かし、共同生活の楽しさや生き甲斐を見いだしていただく目的もあります。
また分担して生活を行う事で、認知症の進行を遅らせる目的もあります。

グループホームのようす

介護付有料老人ホームって??

MCSの介護付有料老人ホーム「アンサンブル」「ファミニュー」は、介護保険の「特定施設入居者生活介護」の認可を受けた施設で、食事や清掃から介護サービスまで、全て施設のスタッフが提供するタイプの老人ホームです。

専門の常駐スタッフが生活の全てを、個々のご入居者様に合わせて提供しますので、ご入居者様もご家族も安心して全てをお任せいただけます。
MCSの介護付有料老人ホームでは、まず何よりもご入居の皆様を第一と考え、「安心」と「安らぎ」を感じて頂けるよう、心のこもったサービスと快適な生活空間をご提供する事を心がけています。

さらにご入居の皆様が日々の生き甲斐を見いだし、自信を持ち続けて頂けるよう、おひとりおひとりの生活スタイルをケアプランに反映させ、サポート致します。

介護/看護のプロとして実践で培ってきた技術と「笑顔のケア」でご入居の皆様ご家族の皆様に、ご満足いただける介護を提供致します。

介護付有料老人ホームのスタッフ

どっちがいいの??

充実の施設と行き届いたサービスを求めるなら
→介護付き有料老人ホーム「アンサンブル」「ファミニュー」へ!

自分でできる事は自分で!自立型の施設を求めるなら
→グループホーム「愛の家」へ!

アンサンブル食堂